難しい物

箱物には手を出さない

・別のページでは小物から作り始めるのはやめた方がいい理由を述べました。
同じように、初心者が作り始めるのに、まず避けた方がいい物としては

タンスや引き出し付きの食器棚などの箱物家具があげられます。
前のページでも述べていますがこうした物も、作りたいという気持ちがあれば

どんどんチャレンジしていただきたいと思いますし
初心者でいきなり大物に挑戦する姿勢は私は好きです。

送料無料!木製ソーイングボックス2500円!no2027-C ・いきなりでタンスを作ろうと思い立つ方は少ないと思いますが
左のようなソーイングボックスぐらいなら作れそうに思えてしまいます。

それほど大きな物ではありませんし構造もシンプルで
実用品のため家族からも喜ばれそうです。

・しかし、左のソーイングボックスの場合
上フタの開閉部分はもっと簡単な作りにしてしまえるとして

問題は引き出しがついていることです。
引き出しを上手に作るにはそれなりに技術が必要で

管理人の拙い引き出し作りの技術もサイト内でいずれ紹介したいと思いますが
気をつける点が多く、かなりのページ量になりそうで手をつけていません。

・引き出し以外でも、こうした箱を組み立てるには
正確に直角を出す技術、組み手や留加工の技術も必要になり

きれいに組み上げようと思うと結構難しいものです。
箱物でこうした小さな物の場合は特にごまかしがききません。

・大きな物の場合は、まだしも見えない所で手を抜くこともできますが
手にとってジロジロ見られてしまう物は細部に至るまで丁寧な加工が必要になってしまいます。

・値段のことばかり言って恐縮ですが
上のソーイングボックスは2500円で市販されています。

これは人件費の安い外国で大量に作るから可能な値段で
我々アマチュアが同じ物を作ったとしたら

材料代、塗料代だけでもこの値段は超えてしまいそうです。

・難しい引き出しの仕込をした上、細部まで手を抜かずに苦労して作った物が
「買ってきた方が安い」というのは悲しいことです。

指物の技術に興味がある方以外は
初めに箱物に挑戦するのは避けた方が無難と思います。

脚物には手を出さない

・イスやテーブルなど脚のある物を脚物(あしもの)家具と呼び
どこの家庭にもある物で、自分の手で自分好みの物を作れたら素晴らしいと思いますし

こども用のイスや学習机を作ってあげれば家族も喜んでくれます。

・ところがこれらはやっかいな代物でして机の場合ですと
難しい引き出しの加工が加わってきますし

引き出しのないテーブルを作るにしても一番人目につく天板には
できるだけ良い板材を使いたいところですが

テーブルの天板に使えるようなムクの一枚板なんて
なかなか入手できませんし、あったとしてもとても手が出る値段ではありません。

・天板にする場合、何枚かの板材をはぎあわせて必要な幅の材を作りますが
はいだ後、平面を出す作業はかなりの重労働になります。

・イスについてですが、イスにまず求められるものは「座り心地の良さ」で
これは人それぞれで感じ方がまるで違ってきます。

どれが自分に合ったイスかは座ってみないと分からないもので
苦労して作った結果、自分には合わなかったなんてことも考えられます。

・イスに求められる要素は他にも、軽くて丈夫なことや
毎日使う物ですからデザインが好みに合っていることなどがあげられます。

これらをクリアするだけでも大変なことですが
イスの場合、人が座っていて万一イスが壊れたら大怪我をしかねません。

このため強度を高めるため頑丈な作りにしたいところですが
そうすると重くて使いにくいイスになってしまいます。

・管理人は人から頼まれて机やテーブルを作ることはありますが
イスは万一の事を考えると怖いので自分では作りません。

落下衝撃検査をクリアした市販のイスを購入するよう勧めています。

おもちゃは難しい

ケラー社 トラクター ・木のおもちゃはプラスティックなどにはないぬくもりがあり
少ない材料で出来ることもあり、こどもの喜ぶ顔が見たくて私も随分作ったものです。

糸ノコ盤で板材を切り抜くくらいの加工で出来るおもちゃは簡単ですが
左の写真のように、ほとんどのおもちゃは円や球でパーツが構成されています。

・これを加工するのに、ある程度は ジグソー でも何とかなりますが
球体となると 木工旋盤 を使った挽き物の技術が必要になってきます。

・木工旋盤はそれだけで木工の一ジャンルと言えるほど奥の深い技術で
非常に面白そうですが、おいそれと手をだせるものではなく

管理人も挽き物についてはほとんど何もわかりません。

それでは何から始めたらよいのでしょうか?

・「初心者向けに木工について紹介」するのが趣旨のサイトのくせに
「手を出さない方がいい」「難しい」など随分ネガティブなことばかり述べてきました。

これは管理人やまわりの人の経験から思いついたことを述べただけなのですが
それでは「木工初心者は一体何から作ったらいいのか」と思われるかもしれません。

これまで述べてきたことは、それを紹介するための前フリでして
初心者でも比較的作りやすく、作って良かったと思えそうな物について

次ページ あえて大物から  で紹介していきたいと思います。










ホーム









ホーム

木工格言(古今の格言から、管理人が勝手に作ったものまで)

「引き出し、扉の仕込みは甘く見てはいけない」