のみの使い方

止め穴の掘り方

・穴を掘る材を足で押さえるなどして、しっかり固定します。

・利き手の反対の手で、追い入れのみの柄をしっかり握ります。

・利き手に玄翁を握り、のみの柄頭をまっすぐ叩きます。

@墨線の内側、0・5mmほどの所に、のみを垂直に叩き込みます。
叩きすぎて、のみが抜けなくなった時は、玄翁で材を軽く叩いて抜きます。
A@で掘った所を、横から攻めます。
B反対側も同じように掘っていきます。あとはひたすらこの繰り返しです。穴の底は、何回ものみを打ち込み、「もりのみ」や「底さらいのみ」でかき出します。
マイナスドライバーでガリガリやってもかき出せます。
C最後に、残しておいた墨線を堀リ落とします。

・上は、穴の両脇から掘り込んでいくやり方ですが、
穴の中央から堀り始めるやり方もあります。

通し穴の掘り方

・掘り方は、止め穴を掘る時と同じですが、
材の上と下の両方から掘っていき、中央で穴が出会うように掘ります。

・そのため、表の墨線を、裏にまわす手間がありますが、
二方向から掘るため、片方の穴が途中で斜めになるなどしても何とかなります。

簡単な掘り方

・ボール盤や電動ドリルでいくつも穴をあけておき、
最後の仕上げだけ、のみを使うようにすると、楽に穴が掘れます。
(私はもう何年も、のみだけで穴を掘ったりはしてません)
角のみ盤があれば何も言うことはないのですが・・・




かんな

・使い方
・台の調整
・選び方

のこぎり
・使い方

のみ
・使い方

金づち

その他の
手工具(1)


その他の
手工具(2)



ホーム      

木工格言(古今の格言から、管理人が勝手に作ったものまで)

刃先が傷むので、のみはこじって使わない。
日本最大級のネット家具通販ショップ カグー ネフ社(naef)のおしゃぶりネフスタイル カントリー家具・ドットコム アウトレット家具大放出!ベッドやソファーなどのがお買得価格で勢ぞろい!