かんなの使い方

各部の名称

1・台頭
2・かんな刃(かんな身)、上の丸くなっている部分を穂頭と呼びます。
3・裏金
4・台尻
5・下端面(したばめん)
(かんなの木の部分を、台と呼びます。台の調整はほとんど、この下端面の調整になります)

刃の出し方

・刃を出す時
玄翁で矢印 1 かんなの穂頭を軽く叩きます。

人によっては、上の図の矢印 4 台尻を木槌で叩く場合もあります。その方がかんなが長持ちしますが、私は穂頭を叩く方法で慣れてしまったので、台尻を叩く方法は出来ません。
・刃を抜く時は
矢印 2 の角を木槌で軽く叩きます。
・刃を出す量を見るには、かんなを左手で持ち、逆さにして台尻から見ます。バックが白など、明るい所にかざすと見えやすくなります。

左の図の矢印の部分、赤い所がかんなの刃です(図は刃が出すぎですし、実際は赤くは見えません。わかりやすくするためです)

この部分が、うっすらと髪の毛ほど出ているくらいが適当です。

・刃は下端面に対して平行に出します。見ても分かりにくいときは、
試し削り用の木を実際に削ってみます。

平行に出ていれば、かんなの刃の幅いっぱいの削り屑がでてきます。

削り屑の、どちらかの端が薄くなっていたり、厚くなっている時は
刃が曲がって出ているので、穂頭の脇を軽くたたいて調整します。

・刃を出す量が適当かも、この時の削り屑の厚さで見ると良くわかります。

裏金の調整

・裏金は削り屑を刃先近くで折り曲げて、逆目(さかめ)をきれいに削るためのものです。
木口削り横削りをする時は、引っ込めておきます。

・左の図の1がかんな刃、2が裏金です。裏金の頭を叩き、かんな刃の刃先ぎりぎりに合わせます(刃先より裏金が出てはいけません)

穂頭の方からのぞきこみながら合わせていきます。

削る方向と削り方

・木目の順目(ならい目)方向、左の図の矢印の方向に削ります。
削り始めは、黒の矢印、台尻部分を押さえ、削り終わりは台頭を押さえるようにして削っていきます。

・かんなは、良く調整されていれば、削り方については難しいことはありません。
木目にそって引くだけで削れます。

(刃の砥ぎ、台の調整など最高の状態に調整されたかんなは、台頭を指で軽く押しただけで、ひとりでに、するすると削り屑を出しながら進んでいく、という伝説めいた話もあるくらいです)

・かんな自身の重さがあるので、押さえつける力はほとんどいりません。
良く出来た道具です。

・木口削り

のこぎりなどで切った木口をきれいに整えるための削りで、
かんなの刃は通常より多く出します。
切削抵抗が大きいため(削りにくいため)材に対して、斜めに削っていきます。

削り終わりが、バリッとはがれてしまうので、当て木をするか専用の木口削り台を使います。

・横削り

かんな削りは、木目にそって削るのが基本ですが、材の厚み出しなどで、
たくさん削る必要のある時は、木目を横切る形で削ります。

刃を多めに出し、木繊維をはがしとるように削っていきます。

取り扱い

・かんな台は木で出来ているため、直射日光や水気を嫌います。

・使用後は、下端面を油を含ませたウェスで軽く拭いておきます。

・下端面、刃を傷めないよう、下端面を横にして置いておきます。

次ページ かんな台の調整





かんな
・使い方
・台の調整
・選び方

のこぎり
・使い方

のみ
・使い方

金づち

その他の
手工具(1)


その他の
手工具(2)



ホーム      

木工格言(古今の格言から、管理人が勝手に作ったものまで)

かんなの使い方、台の調整は作品が出来上がる頃にコツがつかめ、次に作るときには忘れている・・。