丸のこ盤

マキタ電気ノコギリ盤255mm(チップソー付)2711

テーブルソー、丸のこの刃を上下に操作できるので昇降盤ともいいます。

丸のこの軸を傾斜させて刃の角度を変えられることから、軸傾斜丸のこ盤ともいいますが
昇降盤という呼び方が一般的でしょう。

使い方次第でさまざまな加工が正確に、短時間で出来、私もよく使っています。

・私が使っているのはデルタ社の製品で
実はもうひとつ上の機種が欲しかったのですが

作業場のスペースの問題から、これを使っています。
趣味で使う分には充分だと思います。

(上の写真はマキタの製品です。デルタの写真はうまく転送できませんでした・・)

手持ちの電動工具以外で、私にとっての必要度の優先順位をつけると、

1 丸のこ盤 

2 ボール盤

3 手押しかんな盤

4 自動かんな盤

となりますかね。一度使うと便利で手放せなくなりますが
非常に危険な機械でもあるので注意が必要です。

気をつける点について

・信頼できるメーカーの製品を選びましょう。

ホームセンターなどで安価に売られている物を見ると(全部が全部ではありませんが)
作りがちゃちで、見ているだけで怖くなる物があります。

実際に知人が購入した、安価な丸のこ盤を使ったことがありますが
作りがちゃちなところに大きなモーターをつけているので、振動がひどく作業になりませんでした。

また、丸のこ盤の加工では定規の精度が大切ですが
精度のでない物が多くあります。

もちろん、安い=悪いと言ってるのではありませんが初めて手に入れるのであれば
確かな物にした方が安全です。

安全装置について

丸のこには刃の接触予防装置などいくつかの安全装置がありますが
それがあれば必ずしも安全ということはなく
危険な加工はしないことの方が大切です。

設置

作業中に盤がぐらぐら動くとどんな事故につながるかしれません。

設置場所は、コンクリなど床がしっかりしていることが条件です。
可能であれば、盤をボルトなどで床に固定します。

ここでは、購入から設置までしかふれていません。
くわしくは、安全について「電動工具の扱い」をご覧ください。

次ページ 丸のこ盤の使い方(1)




丸ノコ盤
・使い方(1)
・使い方(2)
・使い方(3)

手押しかんな盤
自動かんな盤


トリマ
ルーター

・選び方


ボール盤
・使い方
・選び方

電動ドリル
・選び方

ジグソー
・選び方

サンダー
・選び方

その他の
電動工具



ホーム       

木工格言(古今の格言から、管理人が勝手に作ったものまで)

工房の精度はテーブルソーで決まる。