その他の木質材料(1)

集成材

・板や角材などの小片(ラミナ)を
フェノール、ユリア、レゾルシノールなどの
樹脂系接着剤でつなぎあわせて作られた材で
家具から建築まで幅広く使われています。

・長手方向にスカーフジョイントや
フィンガージョイント(両手の指と指をあわせたような独特の形)で接合された材を

木裏 − 木表 −木裏 となるようはぎ合わせてあります。

・長所として

@ 小さな材から大きな材を作る事が出来る。
A 材を小片にすることで、ヤニつぼや節などを取り除くことが出来る
B 小片を曲げて接着する事で、湾曲した材を作ることが出来る。
C 木裏と木表が交互になっているため、反りや狂いが少ない。
D 小片の状態で木を乾燥させるため、乾燥の違いによる狂いが少ない。
E 入手しやすく経済的。

パインの集成材などホームセンターで売られている物を見ると
ビニールでラッピングされています。

表面の保護のためもあるでしょうが、湿気を防いで
反りなどの狂いを押さえるためと思われます。

・欠点としては

@ ジョイント部分が見苦しい。
A ジョイント部で木理が変わってしまう。
B 細かい加工をするとジョイントで壊れることがある。
C ジョイント部の塗装の乗りが悪い事がある。
D 小片ごとに木理が異なるため、かんながけが難しい。

などがあげられますが
最近メルクパインの集成材でいくつか家具を作ったところ

あられ加工をしてもジョイントが割れるなどのトラブルはなく
塗装の乗りも悪くはありませんでした。

表面処理が丁寧になされていて、材の切り口の直角がほぼ正確にでていました。

また材の寸法もほぼ正確で、その後の加工が非常に楽でした。

価格もむくを使うのに比べ1/3ほどに押さえられ
ジョイント部にさえ目をつぶれば使いやすい素材だと思いました。

・他に良く使う集成材としては桐(きり)があります。
ホームセンターでも良く見かけます。

非常にやわらかく、軽いのが特徴で引き出しの内部に使ったりします。

積層材

・小片を合成樹脂で接着する点は集成材と同じですが
こちらは小片を積層させて作ります。

LVL(ラミネーテッド、ベニヤ、ランバー)の名前で
ホームセンターで売られていることがあります。

フラッシュのパネルを作る材としてや
狂いが少ない角材として使います。

・ブナやマカンバなどの木片をアルコール溶性樹脂などで処理、乾燥させ
これを積層した物に高圧、光熱圧をかけて作られた材を

硬化積層材(強化木)といいます。

普通の木材に比べ、30倍以上の強度があるそうです。

次ページ その他の木質材料(2)





ホーム

生きた素材
木の動きにあわせた使い方
新月伐採の木
 むく
(1)針葉樹
(2)広葉樹
(3)銘木
合板(1)
合板(2)


その他
(1)集成材
(2)MDFなど






ホーム

木工格言(古今の格言から、管理人が勝手に作ったものまで)

数十年後には全ての家具は集成材で作られているかもしれない。
日本最大級のネット家具通販ショップ カグー ネフ社(naef)のおしゃぶりネフスタイル カントリー家具・ドットコム アウトレット家具大放出!ベッドやソファーなどのがお買得価格で勢ぞろい!