塗装の目的と種類

作品の仕上げには、よほどの理由がない限り
何らかの塗装を行います。

塗装の目的はざっくり言って
見た目を良くする(化粧をさせる)ためと木を保護し耐久性を高めることにあります。

と言うのは簡単ですが、実際、塗装は非常に奥が深い技術で
私にどこまで紹介できるか、はっきり言って自信がありません。

木の種類、どういった仕上がりをねらうか、どこまで耐久性をもとめるか
等などの理由で使う塗料の種類、塗り方が違ってきます。

ここでは、ごく簡単にホームセンターなどで購入でき
比較的よく使う塗料について紹介していきます。

屋外木部用 キシラデコール 屋外用 0.7L木部用防虫・防カビ・防腐効果0.7Lで約3.5〜5平米塗装できます(2... 防腐、防虫効果に優れています。色も何種類か選べます。私もウッドデッキにはこれを塗っています。
キシラデコール 屋外用 0.7L木部用防虫・防カビ・防腐効果0.7Lで約3.5〜5平米塗装できます(2...
アサヒペン油性超耐久屋外用ニス0.7L 表面に塗膜を作りたい時に使います。
アサヒペン油性超耐久屋外用ニス0.7L
屋内木部用 油性ニス(木部用) 樹脂系塗料で表面に塗膜を作り、木を保護します。水性のタイプもあります。
油性ニス(木部用)
ポアーステイン木部用水性着色塗料 200ml原液200mlで約3平米塗装できます 木に染み込ませて色を着け、この上をニスで保護します。
ポアーステイン木部用水性着色塗料 200ml原液200mlで約3平米塗装できます
カシュー塗料 サフェーサー 750g 塗膜を作り、ウルシ塗りのような風合いに仕上がります。
カシュー塗料 1/12L(80ml) 色を選択して下さい
ワトコ オイル 1L家具・工芸品・壁・建具用 オイル、ワックスを染み込ませて木部を保護します。塗膜を作らないので耐久性は劣りますが自然な風合いに仕上がります。ワトコがおすすめです。
ワトコ オイル 1L家具・工芸品・壁・建具用
オスモ エキストラクリヤー(ツヤ消し)0.75L木部の塗装 内装・屋内用 木の肌がそのまま透明ツ... 有害な成分を含まないので子供むけの家具、おもちゃなどに最適です。使い勝手も良いです。
オスモ エキストラクリヤー(ツヤ消し)0.75L木部の塗装 内装・屋内用 木の肌がそのまま透明ツ...
リボス自然塗料 グレイボ (蜂蜜ワックス) 50cc さらに安全にこだわる方へ、100%天然成分から作られ舐めても大丈夫、いい匂いがします。値段が高いため、おいそれと使えませんが・・
リボス自然塗料 グレイボ (蜂蜜ワックス) 50cc
その他 柿 渋  熟成5年もの 500cc天然素材の自然塗料 日本古来の塗料です。最近ホームセンターでも見かけるようになりました。布や紙にも使えます。
柿 渋  熟成5年もの 500cc天然素材の自然塗料

使い分け

・上にあげたのがだいたい普段私が使っている塗料です。

・ウッドデッキやセルフビルドの物置には「キシラデコール」を半年ごとに重ね塗りをしています。
屋外用の塗料にもいろいろありますが、誰に聞いてもキシラデコールを薦められました。
耐久性、耐候性ともに申し分ありません。

・屋外用のニスは、塗膜がひび割れる恐れがあるため、ほとんど使ってません。

・屋内で使う家具などは、ほとんど「ステイン」で着色し「ニス」で仕上げています。

・自然な風合いに仕上げたい時は塗膜を作らないワトコの「オイル」「ワックス」で仕上げます。
オイルの色は数種類ありますがナチュラルが一番使い道があります。

家具の表面など、使ううちに傷がついた場合も
塗膜を作らないため、簡単に削り直し、塗り直しができます。

・こども用の学習机やおもちゃには、「オスモ」を使います。やや割高なのが難点です。

・「リボス」は人から試してみてともらった物を使っています(自分で買ったことはありません・・)
オレンジピールなどが含まれ柑橘系の香りが特徴です。

・「柿渋」は天然素材の安心な塗料ということで最近見直されてきたようです。
数年前、布張りカヌーの布の耐久性を高めるのに使い
匂いがひどかった記憶がありますが、最近ではその点は改良されているようです。

次ページ 「塗装の道具」






ホーム


塗装の目的と種類

塗装の道具

(1)塗り方
(2)オイル仕上げ
(3)着色
(4)ウレタン仕上げ





ホーム

木工格言(古今の格言から、管理人が勝手に作ったものまで)

塗装は化粧と同じで、素材が良ければ厚塗りはいらない。