塗装の道具

塗装の良し悪しで作品の見栄えは大きく変わります。

塗装は非常に難しい技術で、プロとアマチュアの差がはっきり出ます。
熟練の塗装屋さんの技術はまさに神業といえます。

ハケ

名水 50mm ・ハケのサイズは作るものにより使い分けます。
水性と油性の最低でも2本は必要です。
名水 50mm

・私が普段使っているのは上のような、いわゆる筋違(すじかい)バケです。
平バケやローラーも持っていますが
筋違バケに慣れてしまったのでほとんど使いません。

・ホームセンターなどで100円前後で売られているハケもありますが
使い物になりません。やめたほうがいいと思います。

塗装のプロは当然ハケにこだわり、良いハケを使っています。

アマチュアが塗装のような難しい技術で少しでもプロに近づくには
道具(ハケ)に頼るしかありません。


・高ければいいというものでもありませんが、1本2000円前後を価格の目安にしてください。

毛の素材には獣毛、ナイロンなどの種類があり、山羊の毛が一番良いとされているようです。
(私が今使っているハケは5年ほど前、2000円くらいで購入しましたが、まだまだ使えます)

・新しいハケは使う前に、400番くらいのサンドペーパーにこすりつけた後
指でもむようにして無駄な毛を取り除きます。
これをしないと、塗装中に毛が抜けてきてしまいます。

・柄の部分も自分の手になじむよう、軽く削り込みます。

・使った後のハケは水や薄め液できれいに洗い
毛先を整えたうえ、壁などに吊るして乾かしておきます。

良いハケは手入れが充分なら長く使え
長年使って自分の手になじんだハケの方が上手に塗装できることは言うまでもありません。

塗装を終わった後、やれやれと一休みしたいところですが
ハケの手入れに時間をとるようにしてください。

スプレーガン

・オイル塗装の時などは良いのですが、ニスなどを塗る際
ハケむらがでてしまうのが悩みのたねです。

本体仕上げ抜群のスプレーガン FNW-71S-1.5mm下カップ  600cc ・スプレーガンがあればハケむらを気にせず
均一な塗装ができます。

使用後は各パーツを薄め液などで
良く洗ってください。
本体仕上げ抜群のスプレーガン FNW-71S-1.5mm下カップ  600cc

・ただし、充分な作業スペースがあること、排気設備が整っていることが条件です。

・吹き付けるコツとしては、塗装する面とガンの距離を一定に保ち
木目方向に平行にガンを動かしながら吹き付けます。

手首や肘は固定し腕全体を動かしてガンを操作するとうまくいきます。

次のページ (1)塗り方  から実際の塗装法を紹介します。






ホーム


塗装の目的と種類

塗装の道具

(1)塗り方
(2)オイル仕上げ
(3)着色
(4)ウレタン仕上げ




ホーム

木工格言(古今の格言から、管理人が勝手に作ったものまで)

昔の職人はスプレーガンなしで、ムラのない塗装を行っていた。
日本最大級のネット家具通販ショップ カグー ネフ社(naef)のおしゃぶりネフスタイル カントリー家具・ドットコム アウトレット家具大放出!ベッドやソファーなどのがお買得価格で勢ぞろい!