ボール盤

垂直に穴をあけたり、テーブルの角度をかえれば、斜めに穴をあけることもできます。
穴の深さも一定に調節できる、非常に便利な道具です。

マキタ卓上ボール盤TB131 ・この位のグレードだと安心して使えます。
マキタ卓上ボール盤TB131

ほぞ穴や組み手の加工をする際、私はおおまかにボール盤で何箇所も穴をあけてしまい
残ったところをのみで落として加工しています。

はじめからのみで穴を掘るよりはるかに楽で
今ではボール盤なしではほぞや組み手は作る気がしません。

ボール盤の仲間に、 角のみ盤 があります。

ボール盤が丸い穴をあけるのに対し、角のみ盤は四角い穴をあけることができます。

ほぞや組み手にはボール盤よりも便利で私もぜひとも欲しいのですが
下に書いたように安いボール盤を買って失敗しているので

角のみ盤はいい物を、と思っています。
しかし、それには財布と妻が許しません。

気をつける点

・あまりに安価な物を購入するのはやめましょう。
私は以前、ホームセンターで3000円くらいの格安の物を購入しましたが

1週間で、テーブルを固定する部分の金属がパキッと割れて使い物にならなくなりました。
びっくりしました。

・次に、初めに買ったものよりは少し高いものを購入しました。

さすがにテーブルが割れるということはありませんでしたが
3時間ほど連続で穴をあけていたら変な匂いがしてきて
モーターから煙をはいて機械が止まりました。

知り合いにも何人かモーターが焼けた人がいます。
安価なボール盤では、特にモーターが焼けるトラブルが多いようです。

すでに安価なボール盤を持っている方は、休み休み使いましょう。

・何を作るかにもよりますが、硬い木を加工したり深い穴をあける場合
あまり安価な機械ですとモーターのパワーが足りず
途中でドリルが止まってしまうことがあります。

ドリルがとまった時はモーターへの負担を減らすためにも、すぐに電源スイッチを切ってください。

・木工の機械のなかでは安全な部類にはいりますが、油断は禁物です。

特に夏場など、首にタオルをかけて作業することがありますが
そのタオルがボール盤に巻き込まれ首をしめられる事故があったと聞いたことがあります。
気をつけてください。

ドリルの刃の形について

・木工用ドリルとして売られている物の中には、先端がネジになっている物があります。

特に口径が大きなドリルに多く、穴をあけるときに中心をねらいやすい
というのがうたい文句になっています。

確かに中心はねらいやすいのですが、このネジがくせもので材の押さえが甘いと

機械の回転と一緒に材まで回ってしまいます。

回転した材が顔にでもあたったら大けがをしかねません。

中心をねらいやすいメリットとけがをしかねないデメリットをくらべると
こうした形状のドリルは使わないほうがいいと言えます。

ただし、口径の大きなドリルにはほとんど、先端にネジがついているので
私は購入したらまず、金属のやすりでネジの部分を切り落とし、それから使っています。

・一般の木工用ドリルは先端が三角形のものが多く、これですと、穴をあけたさい、穴の入り口にバリがでます。

私はグラインダーややすりで左のような形状に加工して使います。
この形にすると、入り口のバリは防げて調子良いですが、やわらかい木や、MDFには対応しません。

ドリルの刃の研ぎ方も、材や用途にあわせて、異なってくるはずと思いますが、いろいろな人に聞いても満足な答えが返ってきません。
知っている方がいらしたら教えてください。



ホーム
  


丸ノコ盤
・使い方(1)
・使い方(2)
・使い方(3)

手押しかんな盤
自動かんな盤


トリマ
ルーター

・選び方


ボール盤
・使い方
・選び方

電動ドリル
・選び方

ジグソー
・選び方

サンダー
・選び方

その他の
電動工具


次ページ ボール盤の使い方


ホーム     

木工格言(古今の格言から、管理人が勝手に作ったものまで)

ボール盤での穴あけは簡単そうだが奥が深い。