その他の電動工具

丸のこ

正確な直線切りができます、人によっては一番多く使う機械かもしれません。

私は2台持っていますが、実はあまり使っていません。
横切りはほとんど丸のこ盤(テーブルソー)、縦切りはほとんどジグソーで行うためです。

こいつは非常に危険な機械だと思います。

特に、キックバックには注意が必要です、機械の真後ろに立っての加工はやめましょう。

テーブルソーでキックバックが起こった場合は木がこちらに向かってきますが
手持ちの丸ノコの場合は、機械がこちらに向かってくる危険が高く

機械に押される形でバランスを崩し転倒、持っている機械で体をキズつける・・
何より怖いのは、体のどこをケガするかわからない点です。

加工する材に対して直角に立たず、体を斜めにずらし
キックバックを起こしても、力を受け流せる体勢での作業を心がけてください。

何より、縦切りには回転系の切断機械は使わない方が無難です。

マキタ充電式防じん電気ノコギリ125mmKS520DZ ・コードに気をとられずに済むので充電式がおすすめです。
マキタ充電式防じん電気ノコギリ125mmKS520DZ

糸ノコ盤

ミシンと呼んだりもします。板などの中抜き加工や、曲線切りに使います。あまり厚い材の加工にはむいていません。

小物を作るときにはあると便利です。

・盤が傾斜するタイプもあり、木工象嵌(ぞうがん)に使います。
材の厚さによって、傾斜する角度が決まっています。

私は絵心がないのでやりませんが、
絵画の趣味をお持ちのかたは象嵌に挑戦してみては。

「手づくり木工事典 総集編 2」に
象嵌についての詳しい解説があります。

組み木のおもちゃなど、切り口の滑らかさができばえを大きく左右します。
材質や機械の性能もあるのでしょうが、使うノコ刃の影響が大きいようです。

絵などを切り抜くときは、絵をコピーした紙をスプレーのりなどで材に貼り付け、
紙ごと材を切っていきます。あまりしっかり貼ると、加工後、紙をはがすのが面倒です。

ノコ刃の取替えが簡単な物の方が作業が楽です。

あまりに安価な物は避けた方が無難です。
(私は1時間ほど糸ノコ盤で加工を続け、1台、モーターを焼きつかせて壊してしまったことがあります)

リョービ 卓上糸ノコ盤 TF-450 ・これだけの機能で、この価格ならお買い得だと思います。
集塵機能がついていないと、口から息を吐いて木屑を飛ばさないといけないので疲れます。
リョービ 卓上糸ノコ盤 TF-450

音も静かですし、大きなけがをする危険も少ない道具といえます。

電動ドライバー

使う機会が非常に多い道具で、ドライバーとしてだけでなく
手持ちのドリルとしても良く使っています。

充電式が小回りがきき便利です。
あまりに安価な物はハードな使い方をすると、すぐに壊れます。(2台壊してます)

使うビットはほとんど+ですが、
ネジの大きさにあわせて大小それぞれのビットをつけたドライバーを
2台用意しておくと効率良く作業が行えます。

マキタ充電式ドライバドリル6205DZ ・メインのドライバーとして使います。

マキタ充電式ドライバドリル6205DZ
ご家庭に1台有れば便利ですB&D 電動工具充電式ピボットドライバー 3.6V ・補助として使います。あまり高価な物でなくても良いと思います。
ご家庭に1台有れば便利ですB&D 電動工具充電式ピボットドライバー 3.6V
B&D 充電式インパクトドライバー 12V SX5000充電池×2 充電器×1 ケース付き ・ウッドデッキなど、大物を作るにはインパクトが便利です。
B&D 充電式インパクトドライバー 12V SX5000充電池×2 充電器×1 ケース付き
マーベルタフロン ホルスター充電式ドライバー用 右用 ・2台壊した原因は、落としたことです。屋外でウッドデッキなど作る際はホルダーを着けた方が効率良く作業できます。
マーベルタフロン ホルスター充電式ドライバー用 右用

ビスケットジョイントカッター

マキタジョイントカッタ3901 ・使い方は非常に簡単にもかかわらず、高い精度の加工が行えます。私が知人から借りて気に入っているのがこの機械です。
マキタジョイントカッタ3901

この機械で掘った溝に、ビスケットといわれる小判型の専用の木片(ブナの圧縮材)をさしこみ、木と木を接合します。

圧縮材は接着剤の水分を吸って、溝の中で膨張する仕組みです。
あまり、なじみのない機械かもしれませんが、非常に強固な接合が可能です。

また、びっくりするほど簡単に、正確な接合ができるので家具作りなどに活躍します。
ダボやほぞの加工が馬鹿らしくなるくらいです。

最近出てきた機械ですがトリマー、ルーターと並んで、革命的な機械だと思います
私もぜひ欲しい道具のひとつですが、ここでも経済がゆるさず、知人の機械を時々借りています。

今持っているトリマーやルーターにとりつけ、ビスケットジョイントの加工ができる道具もありますが
精度や使い勝手がわからず購入にはふみきれずにいます。

バンドソー

ホーザン バンドソー K-100
ホーザン バンドソー K-100

帯状のノコ刃が回転し材をカットします。
ジグソーで厚い材を切った場合、切り口が斜めになることがありますが

バンドソーではその心配はありません。
曲線をおおまかに切り出す時には欲しいなと思うこともあります。

また、材の縦方向のカットが丸ノコにくらべ、安全に行えるため
丸太から材を切り出したり、木作り、製材に適してると思います。

人によっては自動カンナ、手押しカンナ、丸ノコ盤と並んで
使用頻度の高い機械に数えることもあります。

木工旋盤

回転させた材に刃物をあて少しずつ削りとっていく機械で
お椀や飾り棒などを作る際に使います。

一度だけ知人の機械を借りて、やったことがありますが、
材の目の読み方、刃物の当て方、などなど・・まるでわからずお手上げでした。

旋盤加工(挽き物)ひとつで生計を立てている方もいるくらいですし
ちょっとやそっとで扱うには難しい機械だと思います。

集塵機

電動工具?とは違うかもしれませんが一番大事な道具かもしれません。

加工中に出る、大量の木屑をそのままにしておくと
危険ですし、正確な加工ができません。

また、空中に舞った粉塵を肺に吸い込むことで
健康を害することも考えられます。

私は加工中は、集塵機(そうじ機ですが・・)のノズルをそれぞれ機械にとりつけ
集塵しながら加工をおこなっています。

室内で加工される方は、木屑を撒き散らかすと、家族からひんしゅくを買います。

家にあるそうじ機で代用できますが
ちょっとした加工ですぐにフィルターがいっぱいになり

フィルターが目詰まりしやすくなる(真偽のほどはわかりませんが、妻はそう言っています)ので
スペースが許せば、専用の集塵機の使用をお勧めします。

私の場合、機械を揃えていく中で集塵機を後回しにしてしまい
気がつくと集塵機を設置するスペースがなくなってしまいました。

もし、工房を作る際にははじめから集塵システムをしっかり計画された方がいいと思います。

・楽天市場にはあまり適当な集塵機は見当たりませんでした。
当サイトのトップページにリンクしているオフコーポレーションが充実しています。

他にもリンクしてるサイトでサイクロン方式の集塵を工夫されている方も多いので
そちらを参考にされると良いかと思います。

← その他、電動工具をお探しの方



ホーム
  


丸ノコ盤
・使い方(1)
・使い方(2)
・使い方(3)

手押しかんな盤
自動かんな盤


トリマ
ルーター

・選び方


ボール盤
・使い方
・選び方

電動ドリル
・選び方

ジグソー
・選び方

サンダー
・選び方

その他の
電動工具





ホーム

木工格言(古今の格言から、管理人が勝手に作ったものまで)

ビスケットジョイントカッターを発明した人にノーベル賞をあげたい。